知ってお得な支援計画

移住支援

最近都心部から地方へ移住する方が増えています。岡山も注目されている地域の1つで、県を挙げてPR活動を実施。事業計画名は、「晴れの国おかやま 県民募集 ~8092人移住プロジェクト〜」。なぜ8092人かと言うと、「ハレノクニ」の語呂合わせですね。移住者を増やすため、県では移住支援を行っています。

◆その1 お試し住宅
市営住宅を活用し、県外から岡山へ移住を希望する方へ提供します。
◆その2 改修費用補助
空き家を賃貸した物件の改修費用を補修します。
◆その3 子ども医療費
中学生までの子どもにかかる医療費の自己負担額を助成します。
◆その4 保育料支援
2人以上の子どもを養育する家庭は、2人目の子どもの入所児童保育料を減額します。
◆その5 企業化支援事業
起業整備にかかる費用の一部を補助します。
この他にもまだまだ便利な制度はたくさん!中でも特に利用者の多い「就労支援」と「育児支援」についてお話していきます。

就労支援

岡山県で人気の高い倉敷市や岡山市には、人口の半数以上が居住しています。しかし、その他の地域では高齢化・過疎化が深刻化。なんとかこの状況を打破するため、県では公共職業安定所と協力し、積極的にU・Iターン者を就労面でお手伝いしています。「U・Iターン希望者」の登録を行えば、企業の紹介や求人情報を提供してもらうことが可能です。その他にも、キャリアアップセミナー・起業支援・再就職支援・就農支援・定住奨励金・転入奨励金・農林漁業就業奨励金・家賃助成などのサポートを行っています。 高齢化・過疎化が進む田舎にとっても、田舎暮らしに憧れる方にとってもメリットある制度です。

育児支援

子育て世代が移住する決め手となるのは、やはり子ども育てやすい環境かどうか。生活の基盤が安定するかどうかがカギですよね? 市町村によっていろいろな支援の形がありますが、代表的なものを3つご紹介してみます。 まずは「医療費補助」。中学校卒業までにかかる医療費を負担してくれる制度です。2つ目は「子育て支援金」。子どもが産まれた人に支援金を支給しています。3つ目は「保育料に対する支援」。複数の子どもが同時に保育所に入所している場合、保育料を補助しています。その他にも、不妊症の治療費を支援するところや、チャイルドシートの購入費用を助成してくれるところもあります。 このように、県の受け入れ態勢は万全です。ぜひ活用して、子どもと一緒に成長できる生活を送りましょう!

おすすめ記事ピックアップ
晴れの国・岡山

県のキャッチコピーである「晴れの国・おかやま」。その名の通り、全国でも降水率が低いことで有名。さらに震災も少ないから、安定感はバッチリです。山・川・海などの自然も多い一方で、岡山市や倉敷市などの栄えている都市もあります。自然+都会のバランスはGOOD!移住したい県ランキングでも、最近では常に上位にランクインしています。そんな岡山の魅力を少し覗き見しませんか?

人気のお土産ランキング

北海道と言えば白い恋人、東京と言えば東京バナナ、福岡と言えばめんたいこ、沖縄と言えばちんすこう・・・。と言うように、岡山にだって県を代表する立派なお土産があるんです!きび団子だけにとどまらない、県の名産品をご紹介します。あなたの知らない岡山の味ときっと巡り会える・・・!